女優・倍賞千恵子特集上映

女優・倍賞千恵子特集上映

神保町シアター他にて

最新情報最新情報は松竹シネマクラシックス公式facebookにて
特集上映について
メッセージ
プロフィール
作品リスト
劇場情報
リンク

特集上映について

女優・倍賞千恵子 珠玉の17作品一挙公開!

2017年3月25日、柴又の「男はつらいよ」フーテンの寅像の隣に妹の「見送るさくら像」が完成しました。旅に出る寅さんを、心配そうに、でも温かく見送るように建てられた、「さくら」の銅像。

女優・倍賞千恵子は「男はつらいよシリーズ」(1969年~1995年/全48作)の、寅さんの妹、兄を優しく見守り支えるさくら役を演じ、人気を不動のものにしました。

1960年、松竹音楽舞踊学校を首席で卒業後、同年松竹歌劇団(SKD)へ入団します。翌年、20歳の時に『斑女』(中村登監督)で映画女優としてデビューして以降、現在に至るまで映画出演本数はなんと約170本にもわたります。

篠田正浩監督、瀬川昌治監督、野村芳太郎監督、そして山田洋次監督といった名立たる巨匠監督の作品に出演し、フランキー堺、伴淳三郎、笠智衆、志村喬、高倉健、渥美清といった名優たちと共演し、様々な役を演じてきました。

心配ばかりかける兄を温かく支えた妹 (『男はつらいよ』シリーズ)
大胆な衣装で華麗に踊るダンサー (『踊りたい夜』)
復讐に燃える冷徹な女 (『霧の旗』)
逆境にめげずたくましく生きる大阪の商人 (『横堀川』)
東北本線急行の専務車掌に夢中な美人芸者 (『喜劇 逆転旅行』)

多岐に渡る役柄の中にはいつも芯の強さや普遍的な等身大の女性像が光って見えます。きっと出会って良かったと思っていただける、
そして女優・倍賞千恵子の新たな一面を改めて見つけられる、そんな珠玉の17作品を揃えました。

本特集を通じて、映画館を出た後、あなたの日々がさらに色づくように、「見送るさくら像」が完成した記念すべき年に、この特集上映をお贈りします。

松竹株式会社

メッセージ

私のデビュー当時からの作品170本の中から17本がこの、映画を愛する人達の為の映画館、神保町シアターで上映される事、大変光栄に思っております。私も皆さんと一緒に、自分の映画人生を振り返ってみたいと思っています。見に来ていただきありがとうございます。

倍賞千恵子プロフィール

倍賞千恵子プロフィール

女優、歌手。東京生まれ。1960年、松竹音楽舞踊学校を主席で卒業、同年、松竹歌劇団(SKD)に入団。61年、松竹にスカウトされて同年『斑女』で映画デビュー。62年には「下町の太陽」で歌手デビューし、日本レコード大賞新人賞を受賞、翌年にはNHK 紅白歌合戦に初出場、66年まで4年連続出場している。現在も映画、テレビ、舞台と多方面の第一線で活躍を続けている。主な出演作には映画(今回紹介した作品以外に)『さよならはダンスの後に』『純情二重奏』『花の舞妓はん』『暖流』『家族』(『男はつらいよ 望郷篇』との2作でキネマ旬報、毎日映画コンクール主演女優賞、芸術選奨文部大臣賞)、『同胞』『故郷』『幸福の黄色いハンカチ』『駅 STATION』(キネマ旬報、毎日映画コンクール主演女優賞)、『旅路』『植村直己物語』『キネマの天地』『虹をつかむ男』『隠し剣鬼の爪』『ホノカアボーイ』『座頭市 THE LAST』『ハウルの動く城』(声優)など、テレビドラマ「太陽ともぐら」「幸福相談」「あにいもうと」「あにき」「松本清張の顔」「まんさくの花」「あまく危険な香り」「友だち」「すずらん」など、舞台『スカーレット 風と共に去りぬ』『蒼き狼』『春の嵐』『キスミー・ケイト』『屋根の上のヴァイオリン弾き』(菊田一夫演劇賞)など多数の出演作がある。歌手としても精力的に活動を続け、現在も全国でコンサートを開催している。05年紫綬褒章、13年旭日小綬章受章。

倍賞千恵子プロフィール

  • 倍賞千恵子オフィシャルサイト
  • 神保町シアターオフィシャルサイト
  • 松竹シネマクラシックスオフィシャルサイト